犬や猫の3大皮膚疾患

【アレルギー】

食物アレルギー

特定の食物抗原に反応して痒みを出す皮膚病です。(牛肉を食べると痒がる、鶏肉を食べると痒がる、など。) アレルゲンが特定できれば、食事管理により症状を改善することができます。

アトピー性皮膚炎

ダニやカビ・花粉などのアレルゲンに免疫機能が過剰反応して起こる皮膚炎です。 「遺伝要因」と「皮膚のバリア機能不全」という2つの素因が関わっています。

ノミアレルギー

ノミに刺されることでノミの唾液に対して激しいアレルギーを起こすようになってしまう症状です。 ノミアレルギーの犬は1匹に吸血されるだけでも激しい症状を発症し、痒がります。

【角化症】

 角化症とは、皮膚の表面にある角質が正常に作られなくなっている状態の総称です。角化症になると、乾燥による痒みや、細菌感染やアレルゲンの進入が容易になることで、皮膚病を悪化させます。 脂っぽくなる脂漏症や乾燥肌のどちらか、もしくはその両方に陥ります。また、マラセチアなどの感染症としばしば合併します。

【感染症】

膿皮症

細菌感染による皮膚病として最も多くみられるのが膿皮症です。痒がる皮膚病の代表的な1つで、他の皮膚病に合併して症状を複雑化することが多いです。

マラセチア性皮膚炎

マラセチアという酵母によって引きおこされる感染症です。脂っぽい体質の犬に多い傾向があります。アトピー性皮膚炎などで皮脂の分泌が亢進することで増殖しやすくなり、症状を複雑化します。

疥癬

疥癬というダニの感染症です。ダニは皮膚にもぐりこみ、その糞などに対するアレルギー反応として激しい痒みが発生します。

毛包虫症

ニキビダニという毛包に住むダニによって引きおこされる皮膚病です。細菌感染が合併して症状をひどくすることが多いです。ほとんど全ての犬がニキビダニを持っているのに、特定の犬にだけ激しい皮膚病を引きおこすことが知られています。その原因としては遺伝的体質や高齢犬の内分泌疾患による皮膚のバリア機能の低下などが挙げられます。

皮膚糸状菌症

皮膚糸状菌によって起きる感染症です。ウッド灯検査や被毛を顕微鏡で見る検査、培養検査などによって診断されます。

ノミ・マダニの感染

ノミやマダニの感染症です。特にノミの感染は激しく痒がります。春から秋に草むらなどで感染します。

各種検査

当院では、必要に応じ詳細な検査を実施しています。

  • 皮膚の直接鏡検 ・皮膚掻爬検査 ・毛検査 ・細菌培養 ・真菌培養
  • アレルギー検査(ハウスダストマイト・樹木・雑草・真菌・食物等)
  • 血液生化学検査 ・ホルモン検査 ・皮膚生検

減感作療法とは

【減感作療法(アレルゲン免疫療法)とは?】

 減感作療法とは、アレルゲン(犯人)を特定し、それを逆に体内に少しずつ注射していくことによって体を徐々にアレルゲン(犯人)に対して慣れさせ、過剰なアレルギー反応を起こさない体質に変えていくという治療法です。アトピー性皮膚炎の治療はほとんどが症状を抑える治療ですが、この減感作療法は体質を改善していく唯一の治療法です。 1997年、ジュネーブで開かれたWHO(世界保健機構)の会議において、減感作療法は「アレルギーの自然治癒を促す唯一の治療法」であり、また「新たなアレルギーの発症を予防する予防的治療法」とされ、人医でも広く使われており、現在欧米では獣医療でも広く利用されています。

【減感作療法のメリットとデメリット】

 減感作療法は"一発の注射"で痒みを止める治療ではなく、頻繁に注射をしなければなりませんので、手間がかかります。また効果が出るまで2~3ヶ月かかるため、痒みをすぐに止めることはできません。しかし、アレルギー反応だけを抑え、ホルモンバランスに全く影響を与えないという大きなメリットがあります。ステロイド剤は、確かに劇的な効果がありますが、"臭いものにフタをする"だけの治療であり、長期間の全身投与により、クッシング症候群、糖尿病など様々な副作用を引き起こすリスクを伴うので、"絶対使わない"というより"極力避ける"というスタンスです。

【減感作療法の副作用】

 重篤な副作用として最も注意されなければならない問題はアナフィラキシーショックですが、このような例は稀です。アメリカの調査では、全身性反応が起こるリスクは全体の約1%であったという統計データがあります。
・Walton AD, MacDonald JM. Immunotherapy in canine atopy. In: Kirk RW, Bonagura JD, eds. Current Veterinary Therapy XI. Philadelphia, PA: WB Saunders, 1991,pp505–508.

【減感作療法の成功率】

 何を基準に"効いた"とするかによって成功率が変わってきますが、それも含めてざっくり言うと60~80%前後の改善率です。治療効果は個人(犬)差はありますが、高い治療成績が期待出来る治療法です。
・Willemse A,Van den Brom WE, Rijnberk A..Effect of hyposensitization on atopic dermatitis in dogs. J Am Vet Med Assoc.10:1277-1280. 1984.

【減感作療法の推奨症例】

①若齢でアトピー性皮膚炎を発症し、長期的なステロイドの使用が予想される場合。
②原因アレルゲンが判明していて、回避・除去を行っても改善がみられない場合。
③特にアレルゲン特異的IgE検査でハウスダストマイトに陽性の場合。
④減感作療法への理解が得られる場合。

【急速皮下減感作療法】

 通常の減感作療法では、効果を実感できる維持量に到達するまで、何度も動物病院を受診しなければならないという面倒さがあります。この欠点を改善するのが、1日の入院で何度も注射することによって導入期の来院回数を省略した方法が急速減感作療法です。当院では、通常の減感作療法のように定期的な通院が難しい場合には、急速減感作療法をオプションに提示します。急速減感作療法は、通常の減感作療法と効果が変わらないと報告されています。
・Mueller RS, Fieseler KV, Zabel S, et al. Conventional and rush immunotherapy in canine atopic dermatitis. Vet Dermatol.15:5,2004.

【急速経口減感作療法】

 人医領域で行われている舌下に投与する舌下減感作療法(スリット減感作療法)は、口の粘膜に多く存在する樹状細胞(犯人を捕まえる警察官)の働きなどで、注射による減感作療法とほぼ同等の効果が期待できるとされています。当院では、この舌下減感作療法も取り入れています。舌下減感作療法は、従来の注射による減感作療法とは違い、何よりも注射をしない(=痛くない)で済むので、注射を嫌がる場合に効果的です。

治療例

アトピー性皮膚炎

~治療例~
■スピッツ(雄・2歳) ■主訴:痒み(非季節性) ■初発:生後9ヶ月~
■皮膚病変:肢間 ■痒みスコア:8/10(無治療)
【診断名】アトピー性皮膚炎+食物アレルギー(Ⅰ型過敏症) 【治療】急速減感作療法+低アレルギー食

食物アレルギー

~治療例~
■柴犬(雌・7歳) ■初発: 3歳~
■皮膚病変:腹部、顔 ■痒みスコア:9/10(無治療) ■季節性:なし
【診断名】食物アレルギー(Ⅳ型過敏症) 【治療】低アレルギー食

~治療例~
■フレンチブルドック(雌・2歳) ■初発: 生後5ヶ月~
■皮膚病変:顔 ■痒みスコア:8/10(無治療) ■季節性:なし
【診断結果】Ⅳ型食物アレルギー 【治療】食事管理のみ

~治療例~
■雑種(雌・5歳)■初発: 2歳~
■皮膚病変:顔面、四肢、腹部 ■痒みスコア:8/10(無治療) ■季節性:なし
【診断名】食物アレルギー(Ⅳ型過敏症)【治療】低アレルギー食

~治療例~
■シーズー(雄・11歳)
■初発: 10歳~
■皮膚病変:四肢端
■痒みスコア:10/10(無治療)
【診断名】毛包虫症

皮膚型リンパ腫

■ポメラニアン(雄・14歳)
【診断名】犬皮膚上皮向性T細胞型リンパ腫(CETL)
【治療】ロムスチン

疥癬

~治療例~
■雑種(雄・14歳)
【診断名】疥癬
【治療】イベルメクチン製剤、硫黄シャンプー


特発性リンパ球性壁性毛包炎

~治療例~
■雑種猫(雌・7歳)
【診断名】特発性リンパ球性壁性毛包炎
【治療】免疫抑制剤

春の予防シーズンのお知らせ
tel.045-392-7600
年中無休 診療時間:9:00~12:00 16:00~20:00

※夜間救急について

ページトップへ