椎間板ヘルニアの治療に関して

椎間板ヘルニアは緊急疾患です!

【犬や猫の椎間板ヘルニアとは】
 椎間板ヘルニアは、本来背骨と背骨の間でクッションの役割をしている椎間板が、様々な原因によって破綻し、背骨の中にある脊髄神経を圧迫傷害してしまう病気です。
 椎間板ヘルニアの中でも、いわゆる腰の椎間板ヘルニアと呼ばれるものは、一見、人間の椎間板ヘルニアと同じようにお考えになる方が多いのですが、脊髄神経の末端が障害を受ける人間のヘルニアとは違い、犬や猫のヘルニアは脊髄神経の中心部が障害されるため、重度のものでは人間の交通事故による脊髄傷害と同様に下半身マヒを起こします。この様なことから動物の椎間板ヘルニアは「家庭内での交通事故」と呼ばれ、状態によっては緊急手術を要するものもあり、腰以外にも首などのヘルニアも急を要するものも多くあります。  
 当院では、緊急と判断されれば、その日のうちに手術をすることも可能です。下記のような症状が認められたときは、なるべくお早めにご相談ください。

・突然触れられるのを嫌がる、痛がる ・階段やソファーなどの段差を嫌がる
・歩き方がおかしい、フラフラ歩く ・立ち上がることができなくなった
・排便、排尿の失禁

椎間板ヘルニアの好発犬種

 椎間板ヘルニアの好発犬種としては、胴が長く肢の短い犬種(ダックスフント、W.コーギー、ビーグルなど)や体重の重い大型犬のゴールデン・レトリバーなどがあげられます。
 ダックス系は若い時から椎間板ヘルニアになりやすいと言われ、原因としては、先天的に軟骨の形成異常になりやすいことや、若いころから椎間板が固いためもろくなりがちなことが考えられます。

椎間板ヘルニアの重症度に基づく治療方針

【重症度1~2】
 痛みのみの症状(1度)や麻痺症状はあるが歩行可能なタイプ(2度)においては、「内科療法」、「外科療法」の双方で機能の回復が得られるため、再発性や進行性でない場合は「内科療法」でのアプローチを行います。

【重症度3】
 後肢の歩行ができなくなった(3度)場合、「内科療法」、「外科療法」の双方で機能の回復がみられますが、「内科療法」の場合、回復までの期間が非常に長くなる為、「外科療法」を選択することが多くなります。飼い主様とご相談の上、治療方針を決定します。

【重症度4】
 3度からさらに進んで、排尿機能が消失した症状(4度)においては、「外科療法」では高い確率で治療効果があるのに対して、「内科療法」の場合、半数は治療効果が得られません。4度の場合、基本的には「外科療法」を選択します。

【重症度5】
 深部痛覚を失った症状(5度)においては「内科療法」による治療効果はほとんど期待できません。また、「外科療法」を深部痛覚の消失から48時間以内に行った場合は、約半数の確率で治療効果が見込めるものの、それ以後に治療を開始した症例では非常に低い確率でしか治療効果が得られません。5度の場合、一刻も早く外科治療を行うことが重要となりますので、即時、緊急手術を行います。

検査・診断

【神経学的検査】
 体の各部の様々な神経反射や姿勢反応を検査し、麻痺の程度を判断したり、脊髄のどの部分に障害があるのかおおよその検討をつけることができます。




X-ray(腰椎)

【レントゲン検査】
 単純X線検査では脊髄や椎間板は写りませんので、ヘルニアの診断を行うことはできませんが、他の疾患との鑑別や背骨の変形、椎間板の石灰化、背骨の空間などの確認のために行います。




造影脊髄

【脊髄造影(造影検査)】
 造影検査はヘルニア部位を特定するために行う特殊なX線検査です。通常は腰骨の間に針を刺入し(頚部からの刺入は腰部に比べ危険性が高いため実施しません)、脊髄周囲に造影剤を注入することで椎間板に圧迫されている部位を特定することができます。
 この検査は技術を要する検査のためどこの病院でも行ってるものではありませんが、椎間板ヘルニアの診断率は95%(CT検査よりも高い診断率です)と非常に優れた検査です。またCT・MRI検査のように特殊な機材を使用しませんので費用も抑えることができます。

当院で脊髄造影検査を行った場合、検査~手術~入院治療にかかる総費用は、およそ28~30万円ほどです。

【CT・MRI検査】
 とくにMRI検査ではヘルニア部位の特定だけでなく、脊髄の障害の程度、あるいは脊髄造影では診断できないごくまれな病態を検出するのに役立ちます。中でも重度の椎間板ヘルニアで発生する「脊髄軟化症」は死にいたる可能性のあるものですが、MRIでしか診断できません。当院ではMRI検査に関しては、必要に応じて検査センターに依頼して実施します。

治療例

1日前から突然、後ろ足を引きずるようになったとのことで来院。
横浜戸塚プリモ動物病院にて初診を行ったところ、両後肢の麻痺、お尻を引きずって歩く状態。 レントゲン検査、神経学的検査を行い、椎間板ヘルニア(グレード4)を疑った。
そのため、確定診断の為には、CT検査・MRI検査・脊髄造影検査等が必要であることをご説明。

今回はご家族様の意向もありCT検査を実施し、腰椎の2箇所で椎間板ヘルニアを起こしていることがわかりました。
ヘルニアも重度(圧迫率70%)であったため、外科手術の適用となりました。

今回は、片側椎弓切除術という術式を実施いたしました。
脊髄は、脊椎という骨の中を通っています。脊椎の一部(椎弓)に窓を開け、脊髄を露出し、突出している椎間板物質を直接除去する手術法です。

脊髄を傷つけないよう細心の注意を払いながら、手術を進めていきます。十分に椎間板物質を除去でき、圧迫されていた脊髄も通常の状態に戻りました。


椎弓切除

椎間板物質
   

リハビリに関して

 椎間板ヘルニアの治療は、リハビリにより回復率が格段に向上します。当院では、獣医師による丁寧なリハビリテーション、また光線機器(スーパーライザー)を用いた理学療法を取り入れています。

●スーパーライザーは、光の中で最も生体深達性の高い波長帯の近赤外線(0.6μm~1.6μm)を高出力でスポット状に照射できる光線治療器です。半導体レーザーのような単一波長ではなく、幅広い波長対を有する複合波長で有るため、深い患部まで確実に到達し、心地よい温感とともに複数の波長帯に係る生体効果が期待できます。

椎間板ヘルニアと再生医療(幹細胞移植)について

プリモ動物病院グループでは、「椎間板ヘルニアの再生医療」に取り組んでいます。


イヌの皮下脂肪から単離して培養した
脂肪幹細胞の顕微鏡写真(200倍)

 椎間板ヘルニアの中でも重症度5といわれる重度のヘルニアでは、緊急手術を行ってもすべての動物で歩行機能が回復するわけではありません。プリモ動物病院でも、緊急手術対応のほかに積極的なリハビリや脊髄の炎症を食い止める新薬を用い、重症度5の機能回復を試みてきましたが、十分な結果を得るには至っていません。

 近年、獣医療でも脊髄障害に対する再生医療研究が応用されています。まだ研究レベルの治療ではありますが、大学病院や高度医療施設での実験的な研究成果が蓄積されてきており、中には治療成績の良い報告もあります。

 そこでプリモ動物病院グループでも、治療困難な重症度5の椎間板ヘルニアに対して、少しでも歩行機能が改善する可能性を高めるため、細胞培養設備を導入(相模大野プリモ)し、脊髄の再生医療を応用した最先端の研究治療を開始しました。
 脊髄の再生医療とは、自身の骨髄や脂肪から採取した幹細胞を培養し体に戻してあげる治療法で「自己幹細胞移植療法」とも呼ばれます。当院でも、すでに本治療を受けていただいている患者様もおり、まだ統計学的な治療成績を述べるには十分な治療実績には至っていませんが、治療に対する良好な反応がみられています。

 再生医療の詳細については、相模大野プリモ動物病院または相模原プリモ動物病院までお気軽におたずねください。なお、本研究治療に関しましては、株式会社J-ARMおよび獣医神経病学会、獣医再生医療研究会の学術情報を参考に実施しています。

tel.045-392-7600
年中無休 診療時間:9:00~12:00 16:00~21:00

※夜間救急について

ページトップへ